自動運転自動車が市場に与える影響

日本政府は2020年までに自動車の自動運転の実現を目指しています。伊勢志摩サミットでも日本の技術を訴求することで将来的な訴求ができたのではないかと思います。

世界のトップたるトヨタもまさに今は時代の変革のタイミングと捉えています。来たるべく自動運転に向けて開発を進めるにあたって、連携先もいろいろと模索していることが伺えます。

もちろん、自動運転に関しは自動車メーカーだけではなく、各業界がこぞって、自分たちのビジネスチャンスを伺っている状況です。

世界的にパラダイムシフトは起こることになりますので、規格争いなども今後熾烈になっていくことだと思います。

関連株の動きもこれからどんどん活況を呈してくることになるはずです。これからどのような企業が自動運転の影響で売上を上げてくるのか、開発力を発揮してくるのか、まだまだわからないところがあります。

世界を巻き込んだ開発競争を繰り広げるにあたって、日本がイニシアチブを握ることができるのかどうか、ここ5年くらいで勝負が見えてくるのではないかと思います。
その時に勝ち残っている自動車メーカー、そして関連会社にどれだけ日本の企業が残っているのか。今から気になるところになっています。