民泊関連銘柄に注目しています

今、日本中、どこを探しても非常に海外からの観光客が増えています。
今の目標で言いますと、政府としては2020年の東京オリンピックの際に2000万人の海外からの観光客を見込んでいます。

もちろん、総論としては非常に好ましいことですが、大きな課題も発生しています。それが宿泊先です。語学対応やハラル対応といった宗教面でのフォローはもちろんですが、そもそも宿泊先が足りないというところが大きな問題になっています。

特に今、話題になっているのが民泊になります。
民泊の需要は増える一方ですが法整備は一方で整っておらず、実態が優先しているというのがポイントです。マナーの問題や周辺客との問題など、少しずつ課題も見えつつあるというのが現状になります。

これまで急激に増える一方の海外顧客に対応するために致しかたないという状況でしたが、こうした課題も見えてきたので政府としても法整備を整えることに対して動き出したのです。

これからはこうした民泊を正式なビジネスとして大きく発展させていくというビジネスモデルも出てくると思います。そして、この法整備が整ってこそ、ホスピタリティーやおもてなしという日本らしさを補っていけるのではないでしょうか。

■参考情報
京都町家の宿
観光都市である京都では、昔ながらの町家を改装した民泊施設が人気。マンションや自宅だけでなく、このような民泊施設が増えるとさらに注目されるでしょう。
matiya