SBI証券だけのメリット、夜間も取引可能なPTSとは

株式投資で日本株を買う場合、9時から15時までの市場が開いている時間帯でしか売買できませんが、この時間帯以外で取引を行うサービスがあります。
それはPTSといい、日中取引ができないサラリーマンなどの投資家が夜間に取引を行なえるということで人気となり、以前は松井証券やマネックス証券など複数の証券会社がこのサービスを提供していました。
しかし、このサービスから撤退していく証券会社が増えてきまして、今ではSBI証券のみとなっています。
SBI証券も以前は夜間取引のみ扱っていましたが、今ではナイトタイム・セッションといわれる夜間取引(19時~23時59分)デイタイム・セッション(8時20分~16時)のサービスを提供するようになりました。

このことで、日中取引ができない人だけでなく、人気のある銘柄を通常の市場が開く前に買ったり逆に市場が終わってから売ったりできることで、SBI証券以外で取引している人より有利に売買できる可能性がでてきました。

手数料は通常の取引よりは割高ですが、PTSを利用する事でより多くの利益を得る可能性が増しますので、PTSを利用する目的でSBI証券で取引を行うのもひとつではないかと思います。

ただ注意しなければならないのは、PTSはその時点のムードに流され易いところがありますので、通常の取引では届かない高値で買ってしまったりする危険性もあります。

ですから、勢いがいいからというだけでは買わないで自分の値ごろ感をしっかり持って取引することが重要になります。
しかし、そういう注意点はありますが、売買の機会が増えるPTSはSBI証券だけですので、より多くの機会で売買したい人にはお勧めです。